現実的な志望動機を促すシステム開発の理解

ドラマなどのエンターテイメントの作品では、優れたコンピューター技術を持った技術者が、活躍するシーンがある。このような活躍を志望動機として、情報通信の仕事を選ぶ人も多い。しかしそれらはあくまできっかけであり、現実を踏まえての仕事の選択を必要とする。システムエンジニアとしての仕事がやり遂げられるかどうかは、本当のシステムエンジニアの仕事を知っているかどうかによるところも大きい。

システムエンジニアの仕事の内容が、実は世間にはあまり知られていない点にデメリットがある。仕事内容を知らない人がいるからこそ、エンターテイメント作品に登場する情報エンジニアのイメージが優先しがちである。しかし、システム開発のエンジニアとして仕事を始めてみると、大きな思い違いがあったと気づくことになる。すると、その仕事を続けて苦労するのは、仕事を選んだ本人に他ならない。

このようなデメリットの要素を避けるため、志望動機が現実に即するよう、理解してもらう必要がある。現実を踏まえて、実際のシステム開発の仕事に沿った動機である事を確認できれば、仕事を選んだことが正しい決断となる。また、システム開発の仕事が一体どのようなものであるのかについて、ノンフィクションの立場から、これから仕事を選ぶ多くの人に知ってもらう事も重要である。あらかじめ現実を知っていれば、誤ったイメージでその仕事を選んでしまうという事例は少なくなる。

また志望する側も、自らが望む環境であるかどうかを見極める必要がある。そのためにも、自己紹介や志望動機により企業内で自分がやりたいことをできるのかという点を盛り込む必要があるのだ。システムエンジニアとして活躍している人たちが実際にどのような志望動機で歩んできたのか、それは、求人を探すと同時に知っておく情報だと言えるのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です