志望動機から分かるシステムエンジニア適性

コンピューターシステムが多様な分野で活用されるようになり、システムエンジニアは花形の職業として人気がある。しかし、いざその仕事に就いてみると、理想との大きな違いに思い悩む人は多い。

この職業に関わらず、仕事内容の具体的な状況を知らずに業界に入り、続けていくことを諦めて転職するといった事例が少なからずある。システム開発のエンジニアの仕事として理想で思い浮かべるのは、知的でクリエイティブな仕事というイメージである。

しかし、まだ仕事を始めたばかりの頃はルーチンワークに終始することも多く、理想とは遠い。システム開発の採用担当者は、求職者がシステムエンジニアにふさわしい人材であるかどうかを志望動機で見極められる。求職者の志望動機と実際の仕事の内容に大きな差があれば、採用を見送ったりあるいは認識の甘さについてアドバイスすることもある。

システムエンジニアとして長く仕事を続けられる人材として評価されるのはすでに業界や仕事内容の状況を心得た上で、それでもシステム開発のエンジニアになりたいという強い志望動機を持った人材である。そのため、初めてシステム開発の分野に参入することになるという求職者は、何らかの形で実際の開発の仕事を経験してみるのも方法である。アルバイトの形態でまずシステム開発の仕事に関わり、そこで職場の状況を確かめることにより、適性あるかどうかや、やりがいを見い出せるかの判断の手掛かりとなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です